M2I

MENU
2017/10/03 09:10

乱射容疑者は「ハイローラー」だった


全米を震撼させた1日夜に発生したラスベガスの銃乱射事件。これまでに59人が死亡、527人がけがをしました。

舞台となったマンダレイベイは、ラスベガスの中心ストリップの一番端にある金色のホテルです。マッカラン国際空港の近く。波の巨大プールや水族館があり、コンベンションセンターとつながっていることから、日本人観光客の利用も多いカジノリゾートホテルです。

乱射したマンダレイベイ32階の客室には、少なくも19丁の銃が見つかりました。自宅でも大量の銃器が差し押さえられました。USAトゥデイによりますと、ネバダ州ではマシンガンを合法的に購入することができます。乱射事件が繰り返されたことで、過去に銃購入の審査が厳格化されましたが、規制や購入条件は州によってまちまちです。

容疑者が狙ったマンダレイベイから通りを隔てた屋外イベント会場では、カントリーミュージックの祭典が開催中でした。2万2000人のファンがいましたが、乱射する乾いた音が「爆竹」もしくは「パチパチ花火」だと勘違いしていたようです。人が何人も倒れるのを見て、ようやく「何かがおかしい」と思ったそうです。

自殺したスティーブン・パドック容疑者は、ネバダ州のモスキートいう街の退職者向けコンドにガールフレンドと暮らしていたことがわかっています。ギャンブル好きで、頻繁にラスベガスに出かけていたようです。

ワシントンポストによりますと、パドック容疑者は高額のお金をかける「ハイローラー」でした。フロリダに住む弟に、「25万ドル(約2800万円)、カジノで勝った」とスマホのテキストを送ってきたこともあります。ビデオポーカーに1000ドル(約11万2000円)単位で賭けていました。

容疑者の父親は、1970年代に、凶悪な銀行強盗として指名されていました。脱獄もしたそうです。ただ、容疑者自身の犯罪歴はなく、近所の人も「変わっているけど、普通の人」とメディアに話しています。

今回の事件は、フロリダ州オランドのナイトクラブで起きた49人が死亡した乱射事件のちょうど1年後に起きました。偶然の一致でしょうか。

最新記事

大統領は信用できない、でも側近は  [2017/10/10 07:10]
来週の外為相場見通し 10/9-13  [2017/10/07 08:10]
銃規制の動きあり  [2017/10/05 09:10]
乱射容疑者は「ハイローラー」だった  [2017/10/03 09:10]
2017年10月 円相場見通し  [2017/09/30 08:09]