M2I

MENU
2017/10/05 09:10

銃規制の動きあり


1日夜に発生したラスベガスのマンダレイベイホテルで起きた無差別大量殺人事件。

スティーブ・パドック容疑者が最初に発砲してから、警察の特殊部隊がホテル32階の135号室に入るまでの76分間の状況が明らかになってきました。容疑者が大量の銃器を持ち込み、部屋の外に2つのモニターカメラを設置していました。綿密に準備していたことを示唆しています。

パドック容疑者のガールフレンドは当初、東京に滞在していると伝えられましたが、フィリピンにいたことがわかりました。3日夜にロサンゼルス空港に到着、FBIのエスコートで空港を出て、一泊しました。4日に警察が面談しましたが、「事件のことは知らされていなかった」としています。犯行動機解明が急務ですが、まだ何も明らかになっていません。

こうした中、議会で銃規制の機運が高まっています。全米ライフル協会が共和党に長年支援、トランプ氏の選挙でも多額の寄付をしたことから銃規制は進まないとみられていました。しかし、あまりにも残酷な事件を受け、連続発射を可能にするデバイスの販売を禁止、もしくは購入を厳格化する案が出ています。民主党だけではなく、共和党の議員の一部も賛成しています。

 

最新記事

大統領は信用できない、でも側近は  [2017/10/10 07:10]
来週の外為相場見通し 10/9-13  [2017/10/07 08:10]
銃規制の動きあり  [2017/10/05 09:10]
乱射容疑者は「ハイローラー」だった  [2017/10/03 09:10]
2017年10月 円相場見通し  [2017/09/30 08:09]